Archive for the ‘Uncategorized’ Category

【アルバム】 Nue The Hermit × 宇宙忍者バファリン/UkiGumO の紹介と購入方法

自分の作品ではないのですが、ぜひとも紹介したいアルバムを。限られた流通ではありますが、CD-Rや配信などが多い自主制作において気合が感じられるCDプレスで放った作品です。

Nue The Hermit × 宇宙忍者バファリン/UkiGumO

105219671

まずはこのアルバムを作ったNue The Hermitと宇宙忍者バファリンについて。どちらも新潟で活動中のMCがメインボーカルなバンド、宇宙忍者バファリンとゲローズにも所属してます。ファンキーなサウンドやダブ的なアプローチもあり、今のところ県内でのライブと突発的なセッションでの活動を中心にしてますが刺激的なバンドです。

トラックメイカー、DJのNue The Hermitについて

バンド、宇宙忍者バファリンとゲローズではDJとSEを担当。その作風はダークかつトリップ度あります。なおかつHIPHOPのビートの組み方もバッチリで、首振りながら意識遠のいてく感じで。
Nuethehermit bandcamp
ぬ(@nuethehermit) | Twitter

MC、宇宙忍者バファリンについて

すでに自分もフリーダウンロードアルバムのibitsuにて一緒に作品を作りましたので、彼のラップのことはよく知ってるつもりではありましたが、このアルバム収録の曲を聴くとまだまだ知らない引き出しがあるんだなと思った次第。また、新潟のトラックメイカー、DJ、MC、色々こなすマルチプレイヤーのDR.FDとともにDR.FD & 宇宙忍者バファリン名義でアルバムグラキャニを全国発売、ゲローズメンバーのカズナントカと共にフリーダウンロードアルバムZAKUROを発表しています。この三作品はオススメなので、一部曲がyoutubeに上がってるのも、ぜひ聞いていただけたら。

これらの曲を聞いていただくと、宇宙忍者バファリンのリリック、自分の身の回りのことをうたっているような曲もあれば、空想的なものでファンタジーやSFなもの、さらにはフィクションを駆使したストーリー仕立てなものと色々あるのがわかると思います。

ラッパーの表現方法としては、自分がどう見てどう思ったかといったことに偏りがちだったり、徹底して主観を捨てた表現をとったり、ワードプレイに徹したりなどなどありますが、宇宙忍者バファリンはどれもできるタイプなのが面白いところです。
宇バ宙ファ忍リ者ン(@fuwafuwa_hoppe)さん | Twitter

宇宙忍者バファリン | Free Listening on SoundCloud

Nue The Hermit × 宇宙忍者バファリン/UkiGumOについて

↓アルバム試聴をまはずどうぞ。これを聞いてだけで買いたくなったらページ下部の購入方法をご覧ください。

1.イントロ
2.inンタネ申トto
3.skit
4.革靴で踏む
5.青い臭い
6.正解不正解
7.憑き物
8.ZANGETSU
9.四畳半の殺し屋
10.ラス1の情熱
11.ざあざあめ
12.越境
13.またどこかで
14.ただいま

前置きが長くなりましたが、このアルバムの紹介です。わかる人にはドープ、ヤバイ!名前に忍者入ってるしニンジャチューン!big dada好きにオススメ!的なこととか言ってしまえば、御幣を残してめでたくある程度の雰囲気をおつたえてして説明を終えることができますが、多くの人に聞いてほしいので自分なりに不器用ながら。

Nue The Hermitのダークでありながらも乾いたドラムやグリッチノイズの効いたビートの上で宇宙忍者バファリンがラップする曲と、インスト曲が混ざった構成です。宇宙忍者バファリンのラップは、空想と現実をどちらにも表現するスキルがあり、現実を空想っぽく、空想を現実っぽくしたり、さらには自分のことを他人っぽくしたり、他人のことを自分のことのようにしたりと多彩なアウトプットがあります。

とはいうものの、どの曲も暗いラップです。そこは一貫してはいますが、ボソボソとしたようなラップではなく、現場で鍛えられたラップ力を感じてもらえる力強さはあります。暗い=気が滅入るということはなく、聴きごたえあると思いますよ。

そして全編通してNue The Hermitのミステリアスなビートと合わさってわけわかんなくなるかんじ中毒性ありまっせーということでオススメです。

そしてこの宇宙忍者バファリンの表現を支えるのはやはり、ラップスキルもあるでしょうなということで、付け加えるなら色々MCバトル(今はやりの交互に即興でラップしてアレするやつ)でもそこそこ成果挙げてるので、ああいうのでうまかったり強かったりする人がどう作品に落とし込むのか興味持ってぜひ聞いていただきたいです。よくわからないかもしれません。

ともあれ、この作品は新潟の二人の作品ですが「新潟!新潟!」といわずに新潟感ある作品だなと思えるところあるわけです。暗い曲調が日本海の気候っぽい…というのは適当に書いてみただけですが、所属するバンドのや新潟で音楽やってる人で互いに刺激しあってできた結果なわけで、地元のことをわざわざ歌わなくてもある地物感というものでしょうか。

この作品に限らずそういう作品はあると思いますが、是非ともまずはこの二人の作品をぜひ手に取っていただけたら自分もうれしいです。

あと、このアルバム発売に際し音楽とかいろいろBLOGのにんじゃりGang Bangにてインタビューが掲載されてるので是非。

Nue The Hermit × 宇宙忍者バファリン/UkiGumO の購入方法

地物っぽさがあるからというわけではないですが、全国流通ではなく新潟のレコードCD屋のshabby sic ポエトリーさんのみの販売ということで、主に通信販売ということになります。販売ページはこちら。1500円でお手軽ながらバシっとプレスCDで仕上げたということで気合入ってます。

新潟にお住いの方はshabby sic ポエトリーさんで直接お買い求めになるのもオススメです。場所はこちら。写真にもありますがいい雰囲気とハイセンスなラインナップのお店なんでぜひ。

*注意 shabby sic ポエトリーさんの営業日および営業時間は不定のため、オフィシャルツイッターでツイートされる開店時間を必ず確認の上でどうぞ。

広告

DRY&HEAVY / JAM ROCK “DUB CONTEST”で受賞しました。+REMIXアルバム配信!!

DRY&HEAVY DUB CONTEST結果発表!

DRY&HEAVY DUB CONTESTに応募しておりまして、ありがたいことに数多い作品の中、優秀作品のひとつに選んでいただけました。 Yukiguni Scienceという名前で参加してます。 すでに何作か登録作品を聞いて「みんなうまい…」と、DUB的アプローチではちょっと苦戦をしいられそうだったので、思い切った素材の使い方を試みました。Yukiguni Scienceのsoundcloudに2曲ほど他にも曲をUPを同時にもしてみたのでよろしければ聞いてみてください。ちょっといつもと違うかも

—–4/19日追記—-

そして、ototoy様にて拙作リミックス収録のアルバムが配信中です。7月末日までの限定配信ですので逃しますことのないよう

DRY&HEAVY DUB CONTEST(24bit/48kHz)

jacket

ハイレゾ配信です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。